映画

美女と野獣の野獣に呪いがかけられた理由とその期間は?アニメ版と実写版の違いも比較

ディズニーアニメーション映画「美女と野獣」。
その有名でロマンチックなラブストーリーは、誰もが知っていますよね。
物語のカギを握るのは、醜い野獣にかけられた「呪い」です。
なぜ野獣に呪いがかけられたのか、呪いはどのくらいの期間続いたのか、そしてアニメ版と実写版における呪いの違いを解説していきます。

この記事の内容

・美女と野獣の野獣に呪いがかけられた理由
・呪いの期間はアニメ版と実写版で違う?検証

美女と野獣の野獣に呪いがかけられた理由

美女と野獣の物語は魔女が野獣に呪いをかけることで始まるのですが、その呪いの原因は野獣の過ちにありました。

野獣は元々、若くてハンサムな人間の王子さまでした。
しかし外見はよくても性格はかなりのわがままで、思いやりのない心の冷たい人でした。

城の家来たちも王子を甘やかして育ててしまったため、誰も王子のわがままを注意する人がいません。

そんな王子のお城に、ある晩、醜い老婆がやってきました。

老婆は一夜を泊めてほしいと懇願し、代わりに美しいバラを王子に差し出します。

老婆のあまりの醜さに、王子は願いを聞き入れずに追い返そうとしました。

すると老婆は美しい魔女に姿を変え、人を見かけで判断した心の冷たい王子にに罰を与えました。王子を醜い野獣の姿に、城の家来たちを家具に変えてしまったのです。

呪いは野獣自身によって引き起こされたものでした。

魔女は「王子が真実の愛を知ること、人を愛することを学び誰かから愛されることで呪いは解けるでしょう」言い、去っていきました。

美女と野獣の野獣にかけられた呪いの期間

野獣の呪いは、野獣が21歳なるまでに解かなければならないとされています。

さらに美しい魔女は、野獣の元に一本の魔法のバラを置いていきました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @cmxwxcgwf on

この魔法のバラは、野獣が呪いを解くまでに必要な期間を示すバロメーターでした。

魔法のバラの花びらがすべて散るまでに、野獣は魔女が与えた愛を知るための試練を乗り越えなければならなかったのです。

野獣は魔法のバラを特別なガラスのケースに入れて、その花びらが散る様子を絶望しながら眺めていました。

「いったい誰がこんな醜い野獣を愛してくれるのだろう・・・」と嘆いているうちに、年月はどんどん過ぎていきます。

呪いがかけられたときの王子の年齢については作中では明かされていませんが、ルミエールが「呪われてからもう10年が経った」と言っていたので、王子は10歳ほどの若さから青年になるまでの間を野獣の姿で過ごしていたことになります。

もし呪いを解くことがでければ、野獣も家来たちも一生呪われた姿のままになってしまいます。

美女と野獣アニメ版と実写版、魔女がかけた呪いの違い

野獣にかけられた呪いは、2017年に公開された実写版の美女と野獣でも同じように登場します。

ただし、アニメ版と少し違う点がいくつかあるのでご紹介します。

1つ目は魔法のバラが散る期間が明確にされていなかったこと。

2つ目は呪いが解けなかった場合、家来たちは本物の家具になり、死んでしまうこと。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by フラワー工房🌷アトリエpeach (@peach.art) on

いつ散ってしまうかわからないバラを確認しながら、焦りを抱えて年月を過ごすのはなかなかつらいことだと思います。それが恐ろしい野獣の姿に変えられていたら尚更希望を持てませんよね。

家来たちも自分の命がかかっているとなると、主のためだけでなく自分自身のためにもこの呪いを解かなければいけないと必死になってしまいます。

また実写版ではお城にいる人たちだけではなく、お城の外や町にも魔法がかけられました。

3つ目のアニメ版との違いは、お城の周りだけ、季節を永遠の冬にしてしまったこと。

4つ目の違いは、町の人々がお城や王子の存在を忘れてしまうこと。

人々の記憶からも忘れ去られ、森の奥のお城は一年中雪が降った寒々しい世界。

森には誰も近づかず、誰も野獣の存在を知らなかったのです。

アニメ版と実写版の呪いに共通するのは「愛を学ぶこと」

アニメ版と実写版で細かい違いはありますが、両方に共通しているのは恐ろしい呪いによって野獣が「愛を学ぶこと」に、この物語の素晴らしさがあるということです。

野獣は人間の頃から王子という裕福な身分で暮らし容姿も端麗だったので、パートナーを見つけて結婚生活を送ることはそのままの姿でもできたはずです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NORI (@n.o1114) on

しかし、他人への思いやりを知らないわがままな心を持っていたため、王子のままではきっとベルのような心の美しい女性から愛されることはなかったでしょう。

野獣が誰かを愛する幸せと、愛を返してもらう喜びを学ぶことができたのはベルのおかげです。

まとめ

ディズニーアニメーション映画「美女と野獣」のカギを握るのが、野獣にかけられた”呪い”。
この記事では、野獣にかけられた呪いについて、理由や期間、そしてアニメ版と実写版の違いなどをお伝えしていきました。
野獣とベルの物語、皆さんはどう感じますか?